toggle

class40について

About Mini6.5

Mini Transat 6.5は、ボックスルールで定められた一人乗りの小型ヨットのクラス名であり、それらのヨットによる大西洋横断レースの名称でもあります。

この、Class Mini6.5クラスのヨットによる大西洋横断シングルハンドレースの歴史は長く、第1回大会は1977年に開催されました。以来、このレースは、今もなお、将来本格的なオーシャンレーサーになることを目指す若いヨットマンの登竜門的レースとして、とても高い人気があることで知られています。

このレースは、フランスからブラジルまで、4000マイル以上(途中1箇所にストップオーバーし、レグは2つに分けられます)の距離の、大西洋を横断するコースで競われます。
その長い距離を、全長わずか6.5mの、小さな、小さなClass Mini6.5に乗って、たった一人でセーリングし続け、赤道を挟んで大西洋を斜めに横断しなければブラジルのフィニッシュラインまでたどり着くことができないのです。
このレースがどんなに難しいレースか、想像できるでしょうか?

このClass Mini6.5クラスのヨットは、広大な海を渡るヨットとしては非常に小さい(全長6.50m)ヨットですが、厳しいクラスルールの規定によって、不沈構造にすることが義務付けられるなど、とても頑丈で、そのくせ、とても高性能なレーシングヨットです。小さな船体で、たった一人の人間の手で、フランスからブラジルまで、4000マイル以上もの距離の大西洋を、安全に、かつ短期間で走り切らなければならないからです。

Class Mini6.5がどんなスピードで海を渡っていくのか。
こちらの動画をご覧ください。

上の動画を見ていただければ理解できるかと思いますが、このヨットを操るには、それなりのセーリングスキルが要求されます。しっかりとトレーニングを積まなければ、Class Mini6.5を、一人だけで、あらゆるコンディションの中で、思い通りにセーリングすることはできません。

また、Class Mini6.5は不沈構造だと先に説明しました。しかし、このヨットに乗っていれば絶対に安全というわけではありません。これまでのレース中に、何人ものセーラーが命を落としています。

レース中、海の真ん中でトラブルが起きたときに、自分一人の力で応急処置を施し、必要であれば修理もしなければならない。Class Mini6.5に乗ってレースに出て、そして完走するには、単にセーリングスキルだけではなく、そういった能力がとても必要とされます。 また、そのトラブルがレース続行可能なトラブルなのか、あるいは一刻も早く救助を要請しなければならない状況なのかを判断して、迅速に、適正に、行動する。そういう判断力にも優れたシーマンであることも、非常に重要です。

私たちJORAのサポートシステムが、Class Mini6.5でのトレーニングとレース挑戦を、頂点へと向かうピラミッドの基礎部分に置いている理由がわかっていただけると思います。

全長 6.50m
全幅 3.00m
喫水 2.00m
排水量 750kg
マスト高さ 12m
セール面積 アップウインド 49m2
  ダウンウインド 110m2

Class Mini 6.50について JORA

 

Class Mini 6.50について JORA

 

Class Mini 6.50について JORA