toggle
JORA BLOG

【La Route du Rhum通信-北田氏からのコメント】

皆さん、こんにちは!
JORA事務局がお伝え致します。

12月9日に無事日本に帰国された北田氏より今回のラ・ルート・デュ・ラム挑戦・完走後のメッセージが届きました。北田氏の31日に及ぶ大西洋横断を集約した内容となっていますので、ぜひご覧ください。
Veuillez-vous trouver son message en version français tout en bas de la  page.
Please find his message in English at the bottom of the page.

文:北田 浩
写真:一般社団法人日本オーシャンレー協会(JORA)

先ずは今回のレース期間中にご声援を頂いた方々に心より御礼申し上げます。
トラブル続きで心が折れそうになった時、皆様の声は大きなエネルギーとなりました。

公式記録は   【レースタイム】 31日11時間36分52秒
        【Class40順位】 53艇出場中34位(レース出場123艇中77着) 

今回のレース結果については多少の不本意さが残りますが、何とかタイムリミットに間に合い完走できたことは幸いです。
レース前のトレーニングではそこそこのパフォーマンスを出せていたのですが、自然相手の競技ですから思うようにいかないことも多いですね。
今回のRDRは2度目の単独大西洋横断レースでしたが、最初のザ・トランザット2016(英国Plymouth~米国New York)と比較される質問が良くあります。
大西洋横断と言っても季節やコースが違い単純に比べることは出来ませんが身体的には随分と楽でした。今回はレースというよりも天候や船のトラブルなど想定外のことが多く発生し、修理対応能力や精神力の我慢比べをしているようなものでした。

気象については

予報が現実となった巨大低気圧に、スタート前日のチームミーティングで一時回避を決めていましたが、避泊が一週間にもなるとは考えていませんでしたので、仕事上の都合からも帰国スケジュールを決めていたこともあり、モチベーションはドン底でした。リタイヤを覚悟しましたが三年間一緒にやってきたコーチのジャンの言葉でリスタートを決断しました。

北田:「ジャンはどうしても僕をリスタートさせたいのか?」

ジャン:「RDRで最初の日本人をグアダループに送り届けるのが自分の仕事だ!」

リスタート後も気象予報がアメリカモデル・ヨーロッパモデルとも大きく外れ作戦をたてることが非常に難しかったです。

トラブルについては

細かい問題も数えるとかなりの数になります。三年間の連戦と帆走距離で目に見えない問題が進行していたのだと思います。
一番困ったのはラダー(舵)が壊れてコントロール不能になったことです。
壊れた部品をグラスファイバーで固め乾くまで6時間その前後でほぼ1日、ただ大洋を漂うしか術がありませんでした。
また通信システムの障害は背筋が凍るほどゾッとしました。現在位置や進行方向がわからなくなり、気象情報の取得等も出来なくなり、進む道が見えなくなったのです。
強風の向かい風の中で船が激しく叩かれたため、通信設備のコネクターが二箇所接触不良を起こしたのが原因でしたが、復旧までに一昼夜かかり心身ともに疲幣しました。
そして水力発電機の故障でエンジン燃料による発電のみとなり、たった60リットルの燃料をやりくりすることに難儀しました。
さらに、強風で風向計が無くなり、二つある風向風速センサーのうち1つが壊れ、もし残りのひとつが無くなったらと思うと何とも言えない恐怖感に見舞われました。
その他、向かい風用のセールも強風で全て無くなったり、それらの対処に延べで数日間の遅れをとってしまい、競技というよりサバイバル的な航海となりました。

ラダートラブル

修復後の破損部

いろんな問題に直面して何度も心が折れそうになりましたが、とにかく終点まで辿りつこうと気持ちは決まっていました。
その原動力はいくつかあるのですが、レースをサポートしてくれたメンバーや声援を送って頂いた方々の落胆する姿が思い浮かび力に代わりました。
ラダー損傷の際はリタイヤが現実的になりそうだったのですが、もし付近を航行する船舶に救助を求めれば人命は確保されても艇体は放棄となるので、後々の捜索が必要になったり、ニュースになれば社員や家族に迷惑がかかると思い気力を振り絞りました。

フィニッシュ時の北田氏

今後は自身の活動を続けながら次世代の指導ができれば嬉しいです。
来年はダブルハンド(2人乗り)レースの年なので、私の次に続いてくれる人が手を上げてくれることを期待しています。

Photo by Christophe Favreau

後日レース記を公開して行きますので是非楽しみにしていて下さい。

北田氏公式ホームページはこちら
レース中の発信をご覧いただける貴帆FPはこちら

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Message d’Hiroshi Kitada après sa Route du Rhum-Destination Guadeloupe 2018

Tout d’ abord je souhaite exprimer ma sincère gratitude à tous ceux qui m’ont encouragé pendant la course.
Le soutien recu par tout le monde m’a donné beaucoup d’energie dans les moments les plus difficiles, face aux soucis enchaînés

Le résultat officiel ;
Temps de course: 31 jours 11heures 36 minutes 52 secondes :
Classement : 34ème (Class40)

Je ne peux pas être satisfait du résultat de la course, mais je suis heureux d’avoir réussi à terminer dans le temps. Pendant les entraînements avant la course j’ai reussì à faire des bonnes performances, pourtant … c’est un sport dans lequel on joue avec la nature: on rencontre toujours des éléments qui ne peuvent pas être gérés dans leur totalité.
Avec la RDR j’ai traversé l’Atlantique en solo pour la deuxième fois. On me demande souvent de comparer cette course avec ma première The Transat en 2016 (de Plymouth en Angleterre à New York aux États-Unis), mais la route et la saison ne sont pas pareilles. Je ne peux pas les comparer tout simplement, mais je me sent de dire que la Route du Rhum Destination Guadeloupe est une course qui s’adapte à mon physique plus que la première.

La météo;

La veille du départ, compte tenu de l’arrivé d’une grosse depression, j’avais decide avec mon equipe de m’arreter à Lorient si les prévisions l’avaient confirmée, mais à ce moment là je ne m’attendais pas d’y rester une semaine. La date de mon retour au Japon etant déjà décidée et mes engagements de travail déjà étendus à plusieurs reprises, j’avoue que j’étais très démotivé. Bien que j’étais prêt à abandonner, les paroles de mon coach Jean-Christophe Caso, qui me suive depuis trois ans, m’ont poussé à repartir.

«JC, pourquoi tu veux que je reparts?»

«Parce-que mon job est d’envoyer le premier japonais à la Guadeloupe lors de la RDR!»

Apres le deuxieme depart c’était très difficile de formuler une strategie avec des données meteorologique très discordantes et pas forcément fiables …

Problèmes techniques;

Je pense que de nombreux problèmes mineurs, pas nécessairement évidents, se sont developpés et accumulés au fur et à mesure au cours de trois années de courses et de distances parcourues.

Le problem plus important a était celui du systeme de barre. Il m’a fallut attendre 6 heures pour que la reparation en fibre de verre soit bien seche. Compte tenu de l’avant et de l’après, je peux dire que je suis resté à la mer des vagues pendant une journée entière.

La defaillance du système de communication m’a bien inquiété aussi, car j’avais perdu toutes les information sur ma position, ma direction et la route à suivre. Je ne pouvais même pas avoir la meteo. En fait, un des connecteurs s’etait deconnecté lors que le bateau s’est tappé très fort pendant la tempête, mais j’ai mis pas mal de temps à comprendre.

À suivre, la défaillance de l’hydrogénérateur m’a obligé à charger presque toujours avec le moteur, une tâche ardue à effectuer lorsque je n’avez que 60 litres de diesel.

En outre, j’ai perdu un des deux aériens; j’ai du lutter contre la peur de perdre le deuxième aussi.

Pour finir, j’ai perdu toutes les voiles d’avant. Il m’a fallu du temps pour régler ca, je me sent donc de dire que c’était de la survie plutôt que de la competition.

Confronté à de nombreux problèmes, j’ai craignais le pire à plusieurs reprises, mais malgré tout mon objective est resté solide : j’étais déterminé à aller jusqu’au bout
Il y avait beaucoup de raisons pour continuer la course.Surtout, je ne voulais pas trahir les attentes de tous ceux qui m’ont encouragé. J’ai cru vraiment devoir abandonner lorsque le système de barre a cassé, mais j’aurais inquiété ma famille et à mes employés: tout simplement je ne pouvais pas abandonner.。

Pour la suite, je souhaite continuer mon activité puis, paralèlement, transfèrer mes experiences à la prochaine génération de marins. L’année prochaine est l’année des course en double: j’ai hâte de voir des mains levés de jeunes marins.

Je préparè mon cahier de bord à vous partager prochainement 🙂
A très bientôt

Kiho-Hiroshi

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Message of Hiroshi Kitada after his Route du Rhum-Destination Guadeloupe 2018

First of all, I would like to thank you all from the bottom of my heart for your huge support and for cheering for me during the race. It encouraged me when I was almost at breaking point.

 [The official record]

Time : 31d11h36m52s
Result : 34th / 53 boats in Class 40 (77th / 123 boats in total)

 I’m a bit disappointed with the result however, I feel good to have been able to finish before the time limit.  I had a certain confidence that I was in good condition and that through training, I was prepared for the race. But it was much harder than I had ever thought – facing the weather and the swell. However that’s Yacht Racing.

 This RDR race was my second transatlantic solo and many people ask me about the difference between it and The Transat Bakerly 2016 (from Plymouth, England to New York City) 
I must say that is difficult to compare, simply because the season and the course are different but I could say that this race was more comfortable as far as my fitness was concerned.This time there were so many unexpected things such as the weather and failure of sailing gear, so I felt like I was tested in the areas of my ability to make repairs and of my patience.

The Weather

The huge cyclone that was forecast made us decide to escape temporarily following the start. It was really tough to keep my motivation for that week. I had to go back to Japan for my business, so wasting that time like that frustrated me.
When I made up my mind to retire from the race, Jean Christophe, my sailing coach, pushed for me to restart. “Do you really want me to restart the race?” I said, “My mission,” he replied, “is to get the first Japanese sailor in RDR history to the Guadeloupe !” 
So I restarted but it was very difficult to choose tactics since US model and EURO model of weather forecast
didn’t be relied on.

Trouble

There were so many issues on the boat including small ones that I didn’t care about so much. I think they were gradually getting worse during the tough races over the past three years.
The worst trouble was that the port-side rudder broken. I couldn’t control the boat and so just drifted. It was a big problem which thankfully I finally repaired.
There was also the failure of the communication system which made my blood run cold. I couldn’t find the correct course without direction and the weather tools. So much punching in heavy upwind condition had taken two connectors apart. It took nearly a whole day without sleep to fix them by which time I was totally exhausted. Then – the water hydro generator broke which meant that I had to manage the battery by charging from the engine with only 60 liters fuel on board.
Add to these the fact that the windex was in inoperable in the early days, taken out by the strong wind. It meant that I lost one of the two wind direction and speed systems. I felt so uncomfortable loosing that spare. It has been a few days loss by all troubles including upwind sails has broken. This race I feel was one of survival rather than competition. To face the several problems almost broke me but I made up my mind to reach the goal. The power to raise me up was the thought of my supporters. I didn’t want to disappoint them. When the rudder broke, the idea of retiring certainly ran through my mind. However if I called to be picked up, I could be safe, however I would lose my boat. This bad news would disappoint so many people especially my family. So I took this bad idea and put it to the back of my mind.

 For the future with my sailing experience, I would like to lead the next generation of Japanese skippers. The Class 40 Competition will have several double-handed races in Europe next year so I hope for someone to follow me and raise their hands to get together to get involved.

Kiho-Hiroshi
A special thanks to Ian MacWilliams for this translation:)

【日本帰国のご報告!】

みなさん、こんにちは!
陸上班の清水がお伝え致します。

フランス時間2018年12月6日 午前1時36分52秒にグアドループのフィニッシュラインを切った北田氏が12月9日(日)日本に帰国いたしました!
今回のLa Route du Rhum-Destination Guadeloupeで北田氏は、2016年ザ・トランザット(The Transat Bakerly)に続いて2度目の大西洋単独横断完走を成し遂げました。
レースタイムは31日11時間36分52秒、Class40は53艇出場中34位(レース出場123艇中77着)という成績です。

喜びもつかの間、ビジネスが本業のアマチュアセーラーとしてレースに挑む北田氏はフィニッシュ早々日本に帰国するというハードスケジュール。到着の二日後にはグアドループからパリ、そのまま日本行きの飛行機に飛び乗っての帰国となりました。

羽田空港にはJORAメンバーでもある後藤浩紀さんと後藤さんご家族によるお迎えと花束が!
素敵な瞬間となりました。

後藤ファミリーに囲まれ嬉しそうな北田氏

みなさんの笑顔が素敵です!

グアドループでのお迎えはできませんでしたが、JORA堀内さんと一緒に陸上班清水も羽田空港にて北田氏をお迎えいたしました。恐れ多くもツーショットを撮っていただきました。
多くのセーラーが憧れる大西洋単独横断レースLa Route du Rhum-Destination Guadeloupeへの北田氏と貴帆の挑戦そして完走という瞬間に立ち会う事ができて光栄でした。

お疲れのご様子ではありましたが、無事の完走とご帰国の乾杯は忘れません!
ラ・ルート・デュ・ラムではフィニッシュを切ったスキッパーはラム酒で迎えられますが、疲労困憊の一杯は強烈なのでは?と陸上班の素朴な疑問を伺ってみたところ、1ヶ月にもわたる船上での生活ですでに体は陸酔い状態でお酒の酔いは二の次だったとのことです。

まずは一杯!

日本の味!

日本に到着後はすっかりビジネスモードという事で、まずは帰国の一報をお知らせいたします!!
北田氏からのコメントやレース裏話は追ってご報告をさせていただきますのでお楽しみに!!

*********************************************

【お知らせ】
レースイベントの一環でスキッパーからセレクトされた写真/動画の中で心に残る一枚を選ぶ画像コンクール(Prix de l’Image #RDR2018)が開催されています。
写真部門と動画部門の優秀賞を決めるため、みなさんからのウェブ投票も募集している模様!
投票期間は2018年12月13日(木)フランス時間18時までとのことです!
貴帆からの写真/動画もエントリーされておりますのでぜひご覧ください。
投票サイト↓からご覧下さい!

写真部門
動画部門

⭐︎おまけ⭐︎

さっそく忙しい北田氏をパシャり

 

 

 

 

La Route du Rhum-Destination Guadeloupe通信【速報】

みなさん、こんにちは!
JORA事務局が貴帆のフィニッシュを速報でお伝えいたします。

11月4日フランス時間14:00にスタートを切り、複数の巨大低気圧の影響を受ける気象・海象状況を考慮し、5日(月)夕方より11日(日)までロリアンに避港を選択。11日のリスタート後も船上で起きる様々なトラブルに見舞われる中、完走を目指しグアドループに向けて船を進めていた貴帆と北田スキッパーが、本日ローカルタイムの12 月5 日20 時36 分52 秒に31日と11 時間36 分52 秒という記録でフィニッシュラインを切りました!

©︎Gilles Morel#RDR2018

速報プレスリリースはこちら

北田スキッパーと貴帆にまずは盛大な拍手を送りたいと思います。
そしてグアドループのラム酒を存分に味わってください!

 

La Route du Rhum-Destination Guadeloupe通信No.21

みなさん、こんにちは!
陸上班の清水がお伝えいたします。

いよいよフィニッシュが目前と迫った貴帆ですが、9ノット前後で快調に船を進めています。

フランス時間AM3時の位置情報

一足先にグアドループではジャンコーチとパトリッツィアさんがスタンバイし、北田氏を迎える準備を整えています。
現地からの情報では現地時間の5日(水)日中から夜中にかけて(=日本時間12月6日(木)早朝から日中)のフィニッシュを予測しているとの事です。
ジャンコーチはフィニッシュラインを通過するまではレースは終わらないと緊張の糸を緩める事なくフォローをしています。
陸上班もラ・ルート・デュ・ラム日本人初の完走という偉業を目前に緊張と興奮の中、その瞬間を待っています。

さて、ローカルタイム12月4日13時ごろに船から動画メッセージが届きました。

洗髪をして気持ちもさっぱりした様子の北田氏です。
最後まで無事に完走を果たしてください!!

La Route du Rhum-Destination Guadeloupe通信No.20

みなさん、こんにちは!
陸上班清水がお伝えいたします。

貴帆の北田氏は先週金曜日まで船の故障や破損、気象では微風・無風に苦しんでいましたが、ついにダウンウィンドでのセーリングになった模様です。現在はおよそ7〜10ノットほどで船を進め、フィニッシュラインまでの距離を縮めています。

フランス時間AM7:00の位置情報

船上からは待望のダウンウィンド開始のお祝いにレトルトのタルティフレット(フランス・サヴォワ地方の郷土料理)を食べたとの報告がありました。じゃがいもと玉ねぎがメインのグラタン料理ですが、北田氏曰く日本版の肉じゃがから糸こんにゃくなどを抜いた感じとの事。
1,000マイルを切った記念にはJORAヨーロッパスタッフの櫻田さんより差し入れていただきましたヒジキをドライフードのお赤飯にトッピング。久しぶりに日本の味を味わった模様です。
レース期間が長まり、積載したレース食品の配分なども難しい状況ではあるかと思いますが、元気な様子が届き安心いたしました!

ロリアンにあるレース食品専門店で購入したタルティフレット

櫻田さんよりいただいたヒジキ!

また少しずつ日中の日差しと暑さが気になり始めたとの事で、日除けグッズを試着中。

完全防備!?

様々な着こなしができますね!

寒い国の人なので… @北田

日中は日本より用意した日除けグッズを活用し夜行性作戦を検討しているとの事でした!

レース全体ではラ・ルート・デュ・ラム40周年レースの勝者、Françis Joyon と2位に続いたFraçois Gabartによる僅差での優勝争いに続き12月1日(土)グアドループでは再び目が離せないバトルが繰り広げられたようです。Class40クラスのOlivier Magreが僅か139秒差でCarl Chipotelを抑え25位に着きました。記録は26日間20時間15分44秒です。参加したグアドループ人スキッパー最後のフィニッシュを決めたCarle Chipotelは12月1日(土)ローカル時間のAM5時18分3秒(記録:26日間20時間18分3秒)でフィニッシュラインを切りました。クラス1位のYoan Richommeとの差は10日間15時間55分19秒でした。

Carl Chipotel(pep’Guadeloup)
©︎Gilles MOREL #RDR2018

Class40のMiranda Merron(13位)のフィニッシュから6日、Carlに続いたのは12月1日(土)AM10時27分6秒にレース参加女性スキッパー2番目のフィニッシュを決めたMorgane Ursault-Pouponです。
Imocaクラスの女性スキッパーAlexia Barrierも同日にImocaクラスのラスト艇としてフィニッシュ。記録は27日間12時間20分54秒でした。

引き続きご声援のほど、よろしくお願い致します!

LA Route du Rhum-Destination Guadeloupe通信No.19

みなさん、こんにちは!
陸上班清水がお伝えいたします。

本日でレーススタートから26日目(リスタートから19日目)を迎えます。
貴帆FaceBookの発信ではローカルタイムのAM01:56に北田氏本人からの実況中継が公開されました。

’’星ひとつない真っ暗な大西洋に
ひとりぼっちで深夜労働中

やっと超ストロングコーヒーが効いてきた〜
セール修理もあと半分だ!
これ直さないとタイムリミットに間に合わない。
でも複雑な損傷だからあげた途端に一発バーストかも?’’
@きただ

リーチ部分が大きく裂けてしまい破損したステイセルを使わない様にストームジブで船を進めていた貴帆。やはり艇速は上がらず、北田氏はステイセルの大修理を開始した模様です。

破損したステイセル

フランス時間AM9時のトラッキング情報ではおよそ5ノットで船を進めており、残航およそ950マイル!
終わりのない修理工事の連続ではありますが、グアドループまで無事に走り切っていただきたいです。

 

さて、レースも終盤に差し掛かり明日から12月に突入します。
今回は陸上班が見つけたスタート前のメディア報道を少しご紹介いたします!
La Route du Rhum-Destination Guadeloupeはフランスで注目度が非常に高いスポーツの1つであるヨットのビッグレースということでメディア報道やレースヴィレッジがあるサン・マロは街全体がレースイベントを盛り上げます。

レースヴィレッジを訪れる人たちは参加スキッパーの紹介記事や紹介冊子を手にお気に入りのセーラーを探したり、サインを求めていました。

スタート2週間前の特別冊子(123名の参加スキッパーが紹介されています。)

スタート当日の新聞

スタート翌日記事にもスタートを見守る観衆の様子が報道されました。

フランスでのヨットレースの人気には驚くばかりですが、今回のラ・ルート・デュ・ラムの注目度&知名度は圧倒されるばかりでした。

⭐︎おまけ⭐︎
陸上班が改めてフランスにおけるヨットの人気を知ることになった写真です。


なんと本屋さんで見かけたフランス版国語辞典の表紙にFrançois Gabartが!
今回は悔しくも2位という成績ではありましたが様々なレコードに挑戦する有名セーラーはこんな場面にも登場するのかとびっくりした一コマです。

 

1 2 3 4 5 6 32