toggle
JORA BLOG

鈴木晶友さんインタビュー第3弾!

皆さん、こんにちは!
陸上班清水がお伝えいたします。

2019年に開催が予定されるMini6.50クラス艇による横断レースMiniTransat2018への参加を目指しているJORA会員の鈴木晶友さんが6月に行われたシングルハンド&ダブルハンドの2レースを完走し、日本に無事帰国をされました。
レースを終えた鈴木さんにJORAフランスStaffのパトリッツィアさんが心境を伺いました。

ドゥアルヌネの表彰式にて

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

MiniTransat2019に向けての準備-その2

 6月30日(土)MiniFastnetレースが終わり、表彰式の幕が閉じると共に、LENDUR(pogo2)での2019年Mini-Transat参戦を見通した鈴木さんの準備第一過程が終了しました。船を保管し、JORA倉庫に荷物を預けるためロリアンにいらした鈴木さんにインタビューをしました。

パトリッツィアさん(以下:P)
まず、MiniFastnetの完走おめでとうございます。このレースには珍しく天候に恵まれ、みなさん良いコンディションでセーリングすることができたのではないでしょうか?しかし、簡単なレースという訳ではなかったかと思います。レースはいかがでしたか?

鈴木さん
ありがとう。まずはじめにMini Fastnetを無事にフィニッシュできたことをとても嬉しく思うし、応援してくれた全ての人に感謝します。
Mini Fastnetの前にMAP(220マイル)に出場したけど、Mini Fastnetは全くジャンルの違うレースでした。
沿岸部をシングルハンドで走るMAPに対し、Mini Fastnetはダブルハンドで海峡を横断するレース。
コースの選択肢も増えるし、24時間セーリングに集中し続けるMini Fastnetは少し油断するとすぐに順位が落ちていく。そんなレースでした。そんな中でもコスキッパーのNoelとは常にお互いを信頼できる関係でいられて、このレースを無事にフィニッシュできたのは彼の存在があったおかげです。
天候に恵まれたレースでしたが、後半は30ノットオーバーのアップウインドで、かなりプッシュして船を走らせました。もっとヘビーコンディションで乗る機会がこれから必要だけど、今回のセーリングでさらにLENDURのことがわかったし、信頼できるようになった事が嬉しいです。

P
数日後には日本に帰国されますね。LENDURにお別れをする時期が来たようです。
やはりお家に帰れる事は嬉しいですか?

鈴木さん
正直、いまは日本に帰りたくないというのが本音です。
4月に初めてフランスに来た時は、今の心境とは正反対で、「なんでこんなこと始めてしまったんだろう」「早く帰りたい」と不安に思う日々でした。
そんななか、多くの出会いがあって今年の目標(MAP & Mini Fastnetフィニッシュ)を達成することができて、いまはもっとLENDURと一緒にセーリングしたい!と感じます。
実は7月後半にLes Sablesという2,600マイルのレースがあって、MAPやMini Fastnetに出場した多くのセーラーはこのレースに出場します。
Mini Fastnetをフィニッシュしてから多くのセーラーに、「マサもLes Sablesに出ようよ!」って誘われます。Les Sablesは2,600マイルと長距離だから想像を絶するレースだけど、このレースを完走すれば来年のミニトランザットのクォリファイが完了するんです。
日本で僕を待ってくれている人がいるから帰るけど、他のセーラーからLes Sables出場を勧めてもらえるまでなれたことが凄く嬉しいです。

P
そうですね。おそらく最後の3ヶ月は本当に忙しくされていたのではないでしょうか?
船に慣れ、フランスの新しい環境にも対応しなくてはいけない中、お一人でセーリングの準備をするということは簡単な任務ではありません。この2ヶ月の良い思い出と、辛かった思い出を教えてください。

鈴木さん
4月にフランスに来た時はどこに行けばどんなサービスが受けられるか、誰に相談したらいいか、何もわかりませんでした。
いまではJORAとも出会って相談できる人が沢山できたけど、最初の頃はとにかく物探しと人探しに時間がかかりました。雨のなか自転車でロリアン中を走り回っていた4月の思い出が今となっては笑えるけど、最悪の思い出かなぁ。
最高の気持ちになったのは、MAPをスタートした15分後です。4月から2ヶ月半、船の整備と練習に励んできたけど、他のMini6.50とセーリングしたことが実はなかったんです。
自分のセーリングスピードが他と比べてどうか、それはMAPスタートまで残した不安でした。スタートしてすぐに他の船と互角に走れるとわかったときに、LENDURにはじめて「ありがとう」って言いました。それと同時に、やっとこのキャンペーンのスタートラインに立てたんだって、まだフィニッシュしてないのにすでに感無量でした。

P
この次の段階としてはどのように計画をされていますか?

鈴木さん
次にフランスで本格的に活動するのは、来年の春です。
それまでフランスでセーリングすることはできないけど、海図や天気の勉強、パーツ作り、体力づくりなど日本でできることも沢山あります。
それまでは日本で真面目に働いて、お金を貯めないと・・・。

P
お時間をいただきありがとうございました。
幸運を祈っています!
またフランスでお会いできる日を楽しみにしていますね!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

JORA倉庫 in ロリアン

【GOLDEN GLOBE RACE 2018】

皆さん、こんにちは!
陸上班の清水です。

2018年7月1日(日)、フランスのレ・サーブル=ドローヌから今日のオフショアレースとしては信じがたいレースとなる「GOLDEN GLOBE RACE」がスタートしました。
フランスStaffのパトリッツィアさんより現地からのレポートが届きましたので、ぜひご覧ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴールデン・グローブ・レース(Golden Globe Race):クラシックヨットによる世界一周

レポート:Patrizia Zotti

最新ジェネレーション艇が並ぶVendée Globeのポンツーンを見慣れた方々は、1週間前にレ・サーブル=ドロンヌのポンツーンに周辺を散歩しながら目にした光景を理解できなかったのではないでしょうか。
ロングキールボートに、ウィンドラダー、彼らのセイル、ハイパフォーマンスの船を目にすることに慣れた目には少し奇妙に映るかもしれません。

1988年以前に建造された11メートルに満たない18艇の小さなヨットたちは、Golden Globe Raceのスタートを切るためにレ・サーブル=ドローヌに集結しました。Golden Globe RaceはGPS、オートパイロット、AIS、レーダー、電子機器、パソコン、携帯電話を持たず、テクノロジーを持たないこのヨットでアシスタントなしの無寄港世界一周に挑戦するレースです。そしてこのGolden Globe Raceは先日7月1日(日)にスタートが切られました。Vendée Globeの先駆的レースであるGolden Globe Challengeからの50年を祝い、1968年の条件そのままで航海するのです。28歳から73歳と年齢も国籍も多様な18人のセーラー達はコンパス、六分儀、紙の海図の助けを借りてセーリングをします。船にはGPSやイーパブといったサバイバル備品が積まれますが、これらは固定されフィニッシュラインを切るまでロックされている必要があり、セーラーが使用した場合は失格となってしまいます。つまり、これらは危険に際した予防としての役割ではなく、実際に重大な問題や遭難が起きた場合の捜索援助のためだけに用意されているのです。

この世界一周は想像以上に異議が唱えられました。異議はフランスヨット連盟などによるもので、現代版安全装備の配備をしないということは自殺に等しいという見解によるものです。しかし、ヨットに情熱を捧げる者からは待ち望まれていました。私たちの世代はベルナール・モワテシエによって書かれた「La Longue Route(長い道);ただ海と空の間」のページをめくりながら育ったのです。ベルナール・モワテシエは1968年の世界一周に勝利するために参加したセーラーの一人で、現代社会の中にあるベルナール自身の魂を救うために航海の道を追い求めたのです。1969年4月12日、この9人の挑戦者のうち、ロビン・ノックス・ジョンストンただ1人が313日の大航海を経て世界で初めての無寄港世界一周を成功させました。この様な情熱を持った者達にとってJoshua(ベルナール・モワテシエの船)とSuhaili(50年前ロビン・ノックス・ジョンストンが世界一周を達成した船)が隣同士で並ぶ姿を目にするということは計り知れない事です。スタートの準備が整ったセーラー達の表情から冒険への渇望を読み取ることは、非常に刺激的です。
およそ35000人及ぶ観客(県庁調べ)に見守られる中、Suhailiの船上から放たれた号砲によってスタートが知らされました。79歳となったイギリス人船乗りロビン・ノックス・ジョンストンはSuhailiの上で、この60年代における歴史的レースGolden Globe Challengeの「レトロ」版Golden Globe Raceのスタートに立ち会ったのです。

 7月1日(日)には18艇中17艇がスタートし、イタリア人SkipperのFrancesco Cappellettiは準備が整わずレース運営によって与えられた7日間の中でのスタートを試みます。これらの小さなヨットでセーラー達は指向となる3つの岬(喜望峰、ルーウィン岬、ホーン岬)を通り、200〜300日を要する世界一周(およそ30,000マイル)をします。

公式HPはこちらからご覧いただけます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レ・サーブル=ドローヌから現地の様子が色鮮やかに伝わるポンツーン周辺のお写真も届いています。

パトリッツィアさん!貴重なレポートありがとうございました!!

 

【株式会社永谷園ホールディングス様からの商品ご協賛!】

みなさん、こんにちは。
陸上班の清水がお伝えいたします。

この度、株式会社永谷園ホールディングス様より商品ご協賛を賜りました事をお知らせいたします。
永谷園商品は以前よりJORAで活動する日本人セーラーの貴重な日本食の一つとして重宝されてきました。
経験者のお話を参考に船上でも食べやすい商品ラインナップをご協賛のお品物としてご提供いただきました。

ご提供いただきましたお品物はトレーニング及びレース参戦時に、JORA支援セーラーの皆様のための食糧として活用させていただきます。

ご提供いただきました商品の一部

この場を借りて株式会社永谷園ホールディングス様のご理解及びご支援に心から御礼申し上げます。
これからも皆様のご声援に違わぬよう活動してまいりますので、よろしくお願いいたします!

永谷園商品情報はこちらからご覧いただけます。

 

1 2 3 4 5 50