toggle
2018-04-17

レース報告 その1 スタート~タスマン海(オーストラリア東岸編)

メルボルン大阪レースに参戦中の森村氏による航海日誌が届きました!
現在はミクロネシア諸島を北上されているあたりでしょうか。

記 :森村圭一朗氏
編集・英訳:堀内寛氏
英訳サポート:Ian MacWilliams氏

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【3月18日】
レーススタート当日
いよいよレースが始まる日であったが海況は険しく、舫いをとるブレアゴリーハーバー内で45Ktを記録する。
同日スタート予定のDavidとPaulの乗る「The Edge」号(ジャノーSun Fast 3200)の舫のクリートが風でもげてしまう。ハーバーから出ることすら無理でんがなと思っていたが、結局、翌日に持ち越されることに正式に決まった。少し肩透かしを食らったがこれもレースかと気持ちの整理をつけ、強風吹きすさぶ船内で一夜を明かし翌日予定されたスタートに備えた。

Blairgowrie Yacht Squardronにて

Blairgowrie Yacht Squardronにて

The Edge

The Edge

【3月19日】
11時30分レーススタート!
スタート海面までサンゴ礁の浅瀬を通り抜けラインに達するが、本部艇は無く陸上の標識と航路ブイの間をラインとしてこれを通過する。
今回のスタートはThe Edge号との2艇のみ。
スタートの号砲は聞こえず(陸上標識の近くでコミッティーがドーンとやっているが20Ktの風の中、聞こえるわけも無く。。。) スタートの位置取りの攻防もなくスタートを切る。スタートラインよりポートフィリップ湾を抜けるまでは本線航路を避けるため狭いエリアの上りをタックタックの繰り返しで南下し数時間で湾内を脱出。いよいよ5500マイルが始まった。

湾を抜けて最大の難所、バス海峡に突入し進路を東に取ると真追っ手の風。風速は25Kt前後。
少し前を行くThe Edgeは果敢にもスピンを上げるが程なくしてトラブル発生し、しばらくスピンが吹流しになっていたが何とか回収できた模様。32Ftで屈強なあの二人がやってもあないなるんやからとスピンは断念。うねりが強く激しいローリングによりゲロモード急上昇するもMAX Speed17Ktを記録し、なんと2日でバス海峡を通過することが出来た。
その後、タスマン海をオーストラリア大陸東岸に沿って北上し始める。風速20Kt前後の中、リーフをやったり解除したりとかなり忙しく、ゲロモードが全開となり日々少しずつ書こうと思っていた航海報告はあえなく3日で終了となる。

オーストラリア大陸東岸には定常的に南流が発生しており、これを避けるため海岸ぎりぎりを走るか、南流を横断して東に抜ける必要があるが、東に抜けることを選択する。しかし南流がどれほどの幅を持って流れているのか判断できず、結局この判断がもたついた。地の利のあるThe Edgeにかなり先行されてしまう。約300NMは引き離されただろうか?残念至極。

 

【3月24日】
Race Directorより入電!

進路前方14s 163EにCat1ハリケーン「Iris」が発生したから注意しなさいとの連絡が来る。かなり先の場所に発生した様子だが、さてどうしたもんかいなと様子を伺っていると翌日には温帯低気圧にGrade Downして一安心した。

しかしながらこのIrisちゃんはその後でかくなったり小さくなったりと珊瑚海およびその先のソロモン海に2週間ほど居座り続けレース艇およびRace Directorを悩ませる種となった。

 

【3月25日】
ようやく体が船に慣れ始め少し余裕が出てくる。風は15-20kt。だが、完全に真のぼり。
クローズホールドでタックを繰り返しながらギリギリとオーストラリア東岸を這い上がっていく。しかも弱い向かい潮と波の影響でコンディションはよろしくない。 ワッチ明けでバースで寝ているとなんだかきな臭い匂いがしてきて目が覚める。おそらく近くを通った本船か何かから匂っているのだろうと思っていたが、どんどん匂いがきつくなってきたのでキャビンに出てみるとなんと船内に薄っすらと煙が漂っているではないか!

えらいこっちゃ! なんか船内で燃えてるで!

とっさに配電盤で何かが起こってると思いキャビンクッションを引っぺがして電気系統を調べてみると、ハイドロジェネレーター(水力発電機)のインバーターから煙が出てました。

ハイドロジェネレーター「ドロシーちゃん」

これまでこの船のかなりの電力供給をひたすらまかなってくれていたハイドロのドロシーちゃん(名前をつけてかわいがってました)がとうとうメルトダウン。厳しいコンディションのなかウンウン言いながらせっせと電気を供給してくれてましたがここに来てついに彼女の仕事終了。

幸い煙を出す程度で火災は発生せず一大事にはならなかったことが幸い。 ついでに配電盤のなかで陸電用のインバーターも台座からもげてました。こちらも使い物にならず。さらに備え付けのガスコンロもガス漏れを起こすようになりこちらも終了。電力供給はエンジンと太陽光発電のみとなったため燃料量の関係でとりあえず冷蔵庫は終了。

やっぱ、クロスを延々と走っているとどっかなんか壊れてくなという感じ。 それでもレースは続くので仕方なし。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Race report Part 1 Start ~ Tasman Sea (Australian east coast edition)

 

March 18 Race Start Day ?

Today was the day when our race was finally set to start but at BYS the wind speed was recorded at 45kts and the sea condition was bad. On “The Edge”, a Sunfast 3200 with David and Paul, the other boat that will start with us, the strong conditions tore a cleat from the deck of the boat. I couldn’t see how we could safely depart the harbor. Then the race director made the decision to suspend the start until the following day. Although I was disappointed, I set my mind to thinking that this is part of the race, as we have to spend the night aboard Bartolome in the strong wind.

 

March 19th 11: 30 Race start!

To reach the start line, we had to navigate some shallow waters with rough seas. At the starting point there was no staring boat but we needed to start across a line between a sign on the shore and a navigation buoy. There were only the two boats in this start, The Edge and ourselves. With the starter on the pier and the wind at well over 20 kts, we couldn’t hear the starters gun when it fired.

We battled our way from the start line to the exit of Port Phillip in tough conditions, avoiding the main shipping channel and tacking many times. After a couple of hours we exited the Bay and took our course to the east. With the difficult entry into Bass Strait complete, we started our 5,500 nm journey with a 25 kt breeze behind us.

The Edge started out aggressively by putting up a spinnaker but there was soon trouble and it took them a while to get the spinnaker back in. We decided against putting ours out. The sea was intense with a lot of rolling. We recorded a maximum speed of 17 knots and were out of Bass strait in two days.

Now in the Tasman Sea we started northward along the eastern coast of Australia. With the wind speed constantly around 20 kts we were kept quite busy reefing and releasing. I initially planned to write this log on a daily basis a bit at a time but with what needs to be done, in the end it’s finished up being every three days.

There’s a strong south flowing current down the east coast of Australia and to avoid this, we decided to cross it, heading out to the east. However we mis-judged how big this stream is, unlike The Edge, which finished up with a 300 nm lead on us. Not good!

 

March 24

A Sudden Notice from Race Director!

At 14s 163E there’s a Category 1 hurricane “Iris” is developing and the message says that we should pay close attention. It’s a fair way ahead of where we currently are and I was relieved to see that it was downgraded the following day. “Iris” is persistent though becoming small and solid and is sitting in the Coral Sea. This cyclone will plague the Race Director for some time to come.

 

 

March 25

Finally my body has become used to living on board and life’s a bit easier. The wind is 15-20kts however it keeps pushing us off course and we need to continually tack. Sea conditions are not the best with tide and waves working against each other.

Today when I was off watch and asleep in my berth, I was woken by a smell. I thought that probably this odor had come from a passing ship but the smell became stronger. Entering the main cabin I could see a thin layer of smoke. Oh no – something was burning on board!!

On opening the electrical switchboard I could see that smoke was coming from the invertor that’s connected to the hydro-generator. ( we gave our generator the pretty name of Dorothy by the way !) This was our main source of power generation on board and has left us in a tough situation. She was working hard continually without complaining but moaning through the tough condition until now but finally she fell into an eternal sleep. R.I.P Dorothy.

On checking further I discovered that the invertor has been wrenched from the pedestal.

I guess we should consider ourselves fortunate in that this smoldering didn’t turn into a fire!

On top of this, I discovered that the stove has also developed a gas leak!

Because power generation on board has now been reduced to using the engine plus our solar panel, the fridge must now be switched off. We need to conserve fuel for the remainder of the journey.

On the journey so far, I’ve found that something is probably going to be broken while sailing close-hauled upwind for a long time. Still the race must go on.

 

ほかの記事を読む