toggle
2018-01-09

Ian MacWilliams氏より 

本日は、「メルボルン大阪カップ 日豪ヨットレース」大会運営団体のメディア/マーケティング責任者:イアン・マックウィリアムス氏が、レースに向けて執筆されました「メルボルン―ホバートレース」の記事をご紹介させていただきます。

本記事は、メル阪レースに向け航海を続けているバルトロメ号へLeg1、Leg2と乗船されました堀内氏の翻訳によるものです。
この場を借りて、御礼申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「West Coaster a Test for Double Handers」
 Ian MacWilliams

3月25日(※)のメインレーススタートまで3ヶ月を切り、サンダンスマリン メルボルン大阪のファイナルカウントダウンが始まりました。1987年から5年に一度開催されるメルボルン大阪カップ(以下メルサカ)は、南半球オーストラリアのメルボルン市と北半球の大阪市を結ぶ5,500マイルの長距離を無寄港、ダブルハンドで行われる世界で唯一の南北太平洋を縦断する外洋レースです。

このイベントは、メルボルン側のホストであるサンドリンハム ヨットクラブ(SYC)と大阪側のホストである大阪北港ヨットクラブ(OHYC)、そしてオーシャンレーシングクラブ オブ ヴィクトリア(ORVC)の3クラブの協力によって運営されます。

今回約30の参加艇がこのイベントに集い、ボートもクルーも準備に向けて熱気を帯びています。その準備の一つに、2人のスキッパーがスタートまでの6ヶ月以内に最低400マイルを共にセーリングしなければならないという航路資格があります。

ORCVの主要年間イベントの1つであるメルボルン−ホバート ウェスト コースター(以下メルホバート)は、毎年12月27日にスタートします。伝統的に多くのメルサカ参加クルーはこのレースをメルサカの資格を得る為に利用していて、今年は20艇のスターターの内、8艇がメルサカフリートからダブルハンドで参加しました。
ホバート西海岸へのコースは、バス海峡を通過し、天候が急激に変わる南極海に開かれたタスマニア島の西側を南下します。

The final countdown for the Sundance Marine Melbourne to Osaka Cup is on, with less than three months to go before the main race start on March 25th. Held every 5 years since 1987, the Osaka Cup is a 5,500 NM nonstop, double handed event and is one of the only South-North long distance ocean races in the world.

The event is conducted by a collaboration of three clubs, Sandringham Yacht Club, (SYC) the host in Melbourne, Osaka Hokko Yacht Club (OHYC) hosting in Osaka and the Ocean Racing Club of Victoria (ORCV)for race management.

This time around 30 entries will line up for the event and preparations for both boat and crew are intense. Part of the preparation by the crew is a Qualifying Passage where co-skippers must sail a minimum of 400 NM together within six months of the start date.

One of the ORCV’s major annual events is the Melbourne to Hobart West Coaster, which starts on December 27th each year. Traditionally many Osaka Cup crews take advantage of this race for their qualifier and in this year’s race of 20 starters, eight were double handed crews from the Osaka fleet. The course for the West Coaster takes the fleet across Bass Strait and down west side of Tasmania, open to the southern ocean where weather conditions can change rapidly.

スタート時の様子/Start

メルホバートレースのスタートは、メルサカのスタートポイントと同様、ポートシー ピアを出て行われました。今年のコンディションは理想的で、南西からの良い浜風と共に船団はポート フィリップ湾をすぐに離れ、バス海峡を通過するため南に進路をとりました。この日早くの天気予測を受け、クルー達は2日間は素晴らしいセーリングコンディションになって、それから3日目には前から受ける風になるだろうねと期待を込めて話していました。その頃には船団の多くがタスマニアの南西端を回っていると予想されました。
The start of the West Coaster is conducted off Portsea Pier, the same starting point as the Osaka Cup . Conditions this year were ideal, with a good SE breeze to take the fleet quickly out of Port Phillip Bay and heading south across Bass Strait. At the weather briefing earlier in the day, crews had been told to expect two days of great sailing conditions and then the weather would build on day three, as a front arrived. At that point much of the fleet was expected to be rounding the SW tip of Tasmania.

ベテランセイラーのローリー フォードがスキッパーを務めるスピリット オブ ダウンアンダー(以下スピリット)は最初からリードしていました。
Spirit of Downunder skippered by veteran sailor Laurie Ford, lead from the outset.

スピリット オブ ダウンアンダー/Spirit of Downunder

ローリーはメルサカを2回経験し、3月に行われるイベントに3度目の参加を決めています。しかしながらメルホバートにはフルクルーで参加しました。スピリットは船団の先頭を走り、予想通りの風の振れを先に捕らえ、12月29日の遅くにタスマニア島の南端をまわり、そして次の日の朝早くにフィニッシュラインを通過してホバートに入港しました。
Laurie has done the Osaka Cup twice before and will line up for his third event again in March. For the West Coaster race however, he had a full crew onboard. Spirit was well ahead of the fleet and well ahead of the expected weather change when she rounded the bottom of Tasmania late on December 29th and Laurie and crew sailed into Hobart across the finish line early the next day.

ロードジムニー/Lord Jiminy

ダブルハンドでエントリーしたロード ジムニーは、予報された荒れたコンディションの中航海して二番手でラインを通過しました。他のメルサカ資格者に比べて、このレースはクリスとポールにとって彼らのファスト オープン40の数あるセイルの組み合わせを試す機会となる絶好のテストでもありました。
A double handed entry Lord Jiminy crossed the line next, having sailed through some of the rough conditions that were forecast. Other than a Qualifier for the Osaka Cup, the race had been a great test for Chris and Paul, where they had the opportunity of trying out a number of sail combinations on their fast Open 4O.

 

今年のこの時期のホバートは、メルホバートの1日前にスタートしたシドニー ホバートの到着地でもあり、港はフィニッシュラインを越えた2つのレース参加者の到着による熱気で溢れていました。
At this time of year Hobart is also the destination for the Sydney to Hobart race which starts the day before the West Coaster and so the port is alive with excitement as competitors from both fleets cross the finish line. Large crowds enjoy a carnival atmosphere and cheer each crew as they arrive.

ホバートフリート/Fleet-Hobart

後続艇はダブルハンドでのエントリーであり、このフリートで最も小さなボートであるS&S 34のモーニングスターが日をまたいで最後にフィニッシュした22時まで続きました。集団の最後尾だった彼らは最悪の荒天に見舞われましたが、よく頑張り完走してメルサカに向けての参加資格を勝ち取りました。
Boats continued to finish across the day with the last at around 22:00 being Morning Star, an S&S 34, one of our double handed entries and the smallest boat in our fleet. At the tail end of the fleet, they’d faced the worst of the rough weather but had done well and had completed their Qualifying passage for the Osaka Cup in the process.

モーニングスター/Morning Star

 

ホバートから遠く離れた北方には、メルサカ参加資格を得るための挑戦をするもう1つのクルー達がいました。OHYCに所属するバルトロメは12月2日に大阪を出航した後、メルボルンのスタートラインに向けて順調に航海しています。
この旅の最初、ミクロネシア連邦のポンペイ島に到着するまでは三人のクルーによって航海されていましたが、ブリスベンに向けての次のレグでは森村 圭一朗と表 正和の両スキッパーによるダブルハンドで行われています。
A long way north of Hobart, another Osaka Cup crew were also undertaking their Qualifying passage. Bartolome from OHYC was well on her way to the start line in Melbourne, after having departed Osaka on December 2nd . The first part of the journey had been undertaken with a crew of three but after stopping at Pohnpei, the next leg of the journey to Brisbane was being done double handed by co-skippers Keiichiro Morimura and Masakazu Omote.

海で4週間以上、バルトロメでの船上生活を経て、彼らは厳しいレースに向けて完璧なリハーサルとなる良いルーティーンを定着させて、近いうちにサンダンス マリン メルボルン大阪カップのすべての競争相手と顔を合わせるでしょう。
After more than four weeks at sea, life on board Bartolome seems to have settled into a good routine, a perfect rehearsal for the grueling race that will face all competitors in the Sundance Marine Melbourne Osaka Cup in the very near future.

(※編注: バルトロメ号のスタートは3月18日の予定です。Bartolome is starting on 18 March.)

Ian MacWilliams

翻訳: 堀内寛氏/Translation:Hiroshi Horiuchi

 

Melbourne Osaka Cup 2018 website:
http://melbourneosaka.com

Facebook Page:
https://www.facebook.com/Osakacup2018/

 

【Race Start】

【Hobart Arrivals】

ほかの記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です