toggle
2018-01-05

1月4日付 森村氏レポート

皆さま、あらためまして
あけましておめでとうございます。
森村氏より舌好調なレポートを頂きました!
大海原での年越し、珍道中、どうぞお楽しみくださいませ。

・・・・・・・・・

メルボルン大阪レース2018
航海報告Leg 3(ポナペ島~ブリスベン)その2

初日の出

12月30日JST21:32赤道を越える!

もしかしたら赤い線が見えるかもって思っていたが見えませんでした。
これで南半球に突入。
でも、なんかおかしい。 赤道近辺は「赤道無風帯」という風がまったくない海域のはず。大航海時代の船乗りは暑さと無風による先行きの不安から気が狂ってしまうものも少なくないという。。。

赤道なのに結構風がある。12~13Ktの東風、追っ手の順風である。
少し雲が多いのが気になるがまずまず軽快に走る。ちょっとトイレに入って用を足してから外に出ると急にあたりが暗くなってる。ほぼ満月なので明かりがなくとも周りが見渡せたのにかなり暗くなってる。しばらくすると東のかなり遠いところで稲妻が光りだす。白い雲の下に重くて黒い雲が垂れ込めてきている。

「ヤバイ!」とヤバイモードに入る。
前方に黒く雲が湧き上がり、どんどん下に垂れ込めてくる。
そのうち耐え切れなくなって雨を降らせる。
これをかわすために切りあがって走るが次々に東からどす黒い雲が出来てくる。西の空はもう真っ黒で海と空の境界がなくなっている。

風速は変わらないが稲妻も頻度が多くなっている。西には行けず東に切りあがるしかない。AM2:00ごろ相棒をたたき起こして1ポンを2ポンに切り替える。「けっこうヤバイよ」と状況を説明し「なんか起こりそう」と言い残してなんかのために寝床に入る。
AM3:30ごろ、「3にポンするで!」と今度は相棒にたたき起こされる。外に出てみると漆黒の闇に25Ktオーバーとたたきつける雨。1m先が見えない。メインをすべておろして耐える。遠くのほうで稲妻が落ちるのが見える。周り数百マイルのうち金属物はうちの船だけ。雷が近づかないことを祈る。もうほかに出来ることないなと思ってると1時間ほどでピークは過ぎて急に風が落ちてしまう。

 

ホンマにここは赤道かいな?

 

赤道に彼女がいる海賊(表氏)

あとで相棒が携帯をふっと見てみると赤道で不在着信があったんやけどと言われた。
なんでやねん。
やつは赤道に彼女でもおるんかいな?

 

12月31日、赤道通過のお祝いをかねて、ポナペで買ったハンバーガーパテでチーズバーガーを作り、差し入れでいただいたシャンパンを開ける。なんかちょっとセレブっぽいものが出来て満足。
腹も満足。

セレブっぽいもの

 

1月1日、初日の出を太平洋から拝む。
これまで何度も初日の出を見に船を出したことがあるが海面からぬぼっと出てくるところを見たことはなかった。吉兆であると思いたい。
風はほぼ無風なので機走でトロトロ走る。
頭の中はお節の数の子のことでいっぱいになる。

 

1月2日早朝、ソロモン諸島ブーゲンビル島を確認。
「ランドホー!」と浮かれていると突然船の前方わずか100mほどのところで「ブッシュー!!」と潮が上がる。 マッコウクジラ! たぶん2匹。泳ぐというよりは漂ってる感じ。 でかい。10mはある。こんなのに「ペチっ」とやられたらひとたまりもない。 やられたらイリジウムとイパーブと北田さんにもらったウイスキーのタンブラー(※)持ってライフラフトやで、と確認し機関全速で逃げまくる。

※編注:それは通常飲むためではなく、万一の際に救命筏に乗りうつり、いよいよ沈没するときに美味いウイスキー飲んで身体温めて、ラリッテ沈んでいけ もしくは、今回の冒険を成し遂げて無事に日本に帰ったときに飲んで と、メッセージを添付して渡した物。だそうです。

 

ランドホー

ソロモン諸島ブーゲンビル島の西をかわし南太平洋からついにソロモン海に入る。
イルカがやってきて15分ほど遊んでどっかに行ってしまう。
今日はいろんな奴が寄って来よんなと思ってたら5mほどのボロボロの伝馬船が一隻でどわーっとやってくる。真っ黒けのおっさんが一人で乗ってて臨検でもされるんかなと思ってると

「水くれ」と言う。

何だがよくわからないがミネラルウォーターを一本わけてあげたらニタニタして去っていってしまった。伝馬船には2,3匹大きなカツオが転がってたので多分地元の猟師だろう。

いるかちゃん

 

1月3日、ベタ凪のソロモン海をトコトコ機走で走る。
ソロモン海は大戦中の激戦地。
多くの罪無き方々が眠る場所でもある。
日本からこの日のために持ってきた日本酒を奉納し、しばし冥福を祈る。

ご冥福

お酒奉納

ソロモン海を抜けると珊瑚海に入る。
珊瑚海の端にはオーストラリア大陸が広がっている。そろそろちょっと風吹いてくれへんかなと都合のよいことを考える。

 

2018年1月4日 JST12:50
08.45.14S  154.43.67E

ほかの記事を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です