toggle
2017-12-12

12月7日付 森村氏レポート

「メルボルン大阪カップ 日豪ヨットレース2018」へ向け、12月2日に大阪北港ヨットクラブより出港された森村氏。ハードな数日を過ごし、12月7日、第一寄港地である父島に到着されたとのことです!

父島にいる森村氏より、
第一回航記が届きましたので、お届けいたします!

MELBOURNE OSAKA CUP 2018 morimura keiichiro

・・・・・・・・・・・・・・

メルボルン大阪レース2018
回航Leg1 報告(2017/12/2-2017/12/7 )

回航メンバー:森村・表・堀内

約1週間遅れの12月2日大阪北港マリーナを大阪北港ヨットクラブ他、多数の声援を受けて抜錨。出港日は2日前に決定したのに多くの見送りの方に来ていただき恐縮するやら、恥ずかしいやら、感謝するやらで。。。えらいおおごとになって来たと再確認しつつ、大阪から南に走り続けたらホンマにオーストラリアにぶち当たるかどうかを確認しに進路は南に。

大阪北港ヨットクラブでのたくさんの方々の見送っていただきました。

最初の寄港地、父島まで慣らし運転の5日間のつもりが出港3日目から怪しい雲行きに。
冬の北太平洋は厳しいとは思っていたが、その後は丸2日間20Ktを下回ることなく安定して30Ktの追手風。おまけに雨。満月のはずなのに厚い雲にはばまれて真っ暗闇を帆走っていく。

12月4日21時頃ワッチ交代で私の番。とりあえず風向、風速、進路を確認して、さてセールの具合はどんなんかいなとマストを見上げると、なんかおかしい。セールナンバーがひしゃげているように見える。ライトを当てるとセール上部に畳一帖分の裂け目を確認。ジブセールは?とはいうと、暗くてよくわからないが、見えるはずがない海苔状のものが、フラダンスの腰蓑よろしくビラビラとはためいてました。

出港3日目にして回航用メインとジブを失ってしまいましたが、艇は問題なし。

初日の美しい夕暮れ

雲行きが怪しくなってきた3日目

父島で確認したメインセール  ⒸJORA

乗員はというと、激しいローリングで3人ともゲロゲロモードでしたが、なんとなく手に取ったコストコ1缶30円のV8野菜ジュース飲んだら30秒後に気分スッキリ。クルーの表が「俺はモーレツなゲロモードに入っとるからここから一歩も動かんし喋らんぞ!」みたいな顔してコクピットに座ってたんで、まあこれ飲んでみいやと渡したら20秒後にはバウで作業開始してました。
あんたは電池切れのおもちゃか?

 

彼の感想「なんじゃ!この飲みもんは!」

 

出港5日目。巡行速度で行ったら夜中に父島に到達してしまうので、ズタボロのジブをこれでもかとファーリングして、パンツの洗濯物ぐらいのセールエリアにして減速、12月7日朝8時に父島に入港。
5日ぶりに民宿で風呂を借りて溜った垢を洗い流す。
表は新しい下着を持ってくるの忘れてしまって、せっかく風呂に入ったにもかかわらず、汗と雨で異臭を放ち始めてるTシャツを再び着ることになり、げんなりしてました。合掌

 

 
父島にて

天候の回復を待って、12月9日には次の寄港先ポンペイ島を目指して出港予定です。 

目的はメルサカ完走。
まだまだ始まったばかり。

がんばるでー!

現在のメンバー(左から)堀内、森村、表

ほかの記事を読む

コメント2件

  • 辻クリニック より:

    森村先生
    レース頑張ってください‼
    レースの安全と健闘を大阪よりお祈りしております。          
                               辻クリニック一同

    • JORA事務局 より:

      応援ありがとうございます。森村さんに転送致しましたので引き続きご声援願います。
      JORA事務局

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です