toggle

JORA(Japan Ocean Racers Association)とは

JORA(Japan Ocean Racers Association)とは
世界の海を舞台に、Solo及びDouble HandでOcean Raceに
挑戦しようとするSailorを支援するコミュニティです。

先駆者達との連携により、新たに挑戦を志すSailorのための国内外でのトレーニング環境の整備を行い、グローバルなOcean Raceへ日本からの参戦をめざします。

ステージはOcean Raceの最も盛んなフランス。
ヨーロッパでの活動は経済面は勿論のこと、トレーニング時間の制約(ビザ等)、言葉の壁、人間関係の構築など、個々人が一から積み上げるには非常に大きな負担と多くの時間を要します。

そのような障壁を可能な限り低くするため、積み上げられた先駆者の経験値を共有し、また同じ目標を持つ仲間と協力することで、夢の実現、すなわちスタートラインをめざすことが目的です。
さらには、世界での日本セーリング界の地位向上や活性化に貢献をするコミュニティです。

 

JORA 日本オーシャンレーサー協会ミッション1

若い日本人Sailorの挑戦を積極的に支援する

本格的な国際レースに参加するためには、レース艇の入手、トレーニング基地やコーチの確保、膨大なレース準備作業、レースの支援スタッフ確保等、いくつもの高い壁が立ちはだかります。個人でこれらを行うことは若いSailorには非常に困難です。

JORAでは、これらを学生や若い社会人からチャレンジできるよう「Step Up Plan」を作成。
二級・一級船舶免許取得から海上特殊免許取得、気象、チャートワーク、レーススキルを学び、WorldSailing講習の受講、語学習得(英語・仏語)までを、各自のレベルに応じて必要なサポートをしていきます。

 

JORA 日本オーシャンレーサー協会ミッション2

日本のOcean Racerの裾野を広げていく

JORAでは、世界で行われるSoloおよびDouble Hand Raceに挑戦するSailorを支援していきます。先ずは日本国内において各レースに参加し多くの経験を積んでいきます。

国際レースは日本人にとって多くが未知のものであり、その経験者は国内にはわずかしかいません。今はまだ遠い”世界標準”を知らなくしては、Ocean Raceへのチャレンジはできません。

若きチャレンジャー達は先駆者と共に各レースへ参加することで、世界レベルの経験を共有し積み重ね、Ocean Racerとしての取り組みを学び、国際舞台で活躍できるOcean Racerをめざします。

 

JORA 日本オーシャンレーサー協会ミッション3

国内外における日本セーリング界の認知度向上

本格的なSolo RaceやDouble HandのOcean Raceに挑戦しようとすれば、レースが盛んなフランスを中心としたヨーロッパを舞台に活躍することになります。
現在、国際レースでのSoloやDouble Handでの日本人の活躍は非常に少なく、まだ十分に認知されていません。

これから多くの若いSailorと共にチャレンジし続けていくことで、先駆者の経験は次の挑戦者へとバトンタッチされ、国際舞台で活躍できるSailorを一人でも多く輩出し、日本のセーリング界が日本国内及び世界で広く認知され、盛り上がっていくことをめざします。

 

一般社団法人 日本オーシャンレーサー協会
Japan Ocean Racers Association

JORA設立趣意書

 代表理事  北田 浩(Class40 Adviser)
 理  事  児玉 萬平(元JSAF常務理事)

 JORA組織メンバー

 評議会の設置を進めて参ります。
 ・ 活動費用の評価
 ・ 支援者選定の評価
 ・ 組織活動の健全性評価
 ・ その他